法律のプロに任せる

個人、そして企業と言う単位で考えると、私たち一人ひとりの存在は小さく思えるかもしれませんが、それ以上に私達は自分たちでも考え付かないほどの責任を担っていることもあります。
ひとつの会社に勤めてひとつの事柄を行う、それは本人が考えている以上に多くの責任を伴っていることがあります。法律、という面で考えてみてもそのとおりです。私達は誰もが相応の責任を担っているからこそ、それを果たしたい、そしてもしトラブルが起こったときに迅速に対応したい、と思うのではないでしょうか。

しかし、やはり私たち一人だけでは対応仕切れないこともたくさんあります。それに、私たちの立場で行えることにも限界があります。その点を考えると、私達は法律のプロである弁護士といった存在に大いに頼るべきである、という点がわかります。きっとあなたも、それを実感しておられるでしょう。

現代においては、私たちが抱えるトラブルは多種多様です。
ネットが発達している社会において、それらが元となって発生するトラブルも珍しくありません。それを考えると、私達は起こりうる問題への解決方法を把握しておくことが必要です。そのために、企業法務という選択肢があることも知っておくと良いでしょう。

弁護士の仕事について

実際に、弁護士の仕事とはどういったものなのでしょうか。
弁護士は、単に六法全書を丸暗記しているような役割ではありません。法律を完全に記憶していたとしても、それを生かせないと意味がないからです。弁護士は、さまざまな事案に、どのように法律が適用できるか、という点を考えます。その点において、やはり弁護士は法律のプロである、と言えます。
そして私達は、個人という単位でも、会社という単位でも、この弁護士に頼ることができるということを心強く思います。

弁護士は、いつも法廷に立っているわけではなく、私たちのように一般市民の法的トラブルに、非常に多く対応しています。借金の問題や離婚の問題、相続の問題や冤罪の問題…これらさまざまな場合に対応するためには、やはり法律のプロでいなければなりません。
もし弁護士を目指そうとする方がいるなら、やはり茨の道になることは覚悟すべきでしょう。試験における倍率も、相当なものとなっています。

しかしやはり日本では、そういった役職が多く必要です。私たち市民にとっての、頼りがいのある存在として、弁護士は働いています。トラブルが多い世の中において、すぐに法的なトラブルに対応してくれる存在なのです。

企業法務と弁護士

実際、企業法務を導入することのメリットを、多くの方が感じています。
一つの会社という単位でトラブルが発生することは、大いにありえます。というよりも、トラブルとは切っても切り離せない関係、と言うことができます。しかしその点を考えると、私達は誰もがそういった中にあって、トラブルへの対処について考える必要があります。

たとえば取引先とトラブルになったとき、どのように対応するでしょうか。もし取引先が契約上のことでなんらかの違反行為を行ったなら、どのように対応するでしょうか。
そういった場合には、法的な論争に発展する可能性があり、それらが避けられない場合もあります。その場合に私達はそういった事柄に関して無知な場合が多く、その場合には弁護士等の助けを必要とするでしょう。

もし企業法務、または専属弁護士などの役割があるのであれば、そういった事態にもすぐに対応することができます。
トラブルの発生源はさまざまですが、会社相手だけでなく、顧客、または従業員といった相手からも訴えを受ける場合があります。そういった場合には、迅速に、しかも正しい行動を取ることによって、より正確な対応、より良い対応ができることになります。

企業法務の必要性

私たちの住んでいる次代に、さまざまなトラブルすべてから身を隠すということは容易ではありません。なぜなら、そういったトラブルは誰にでも起こりやすく、そしてその危険性は私たち自身にもあるからです。
そういった点を考えると、より私たちがさまざまな事態に備えていなければならないということが実感できますが、私たち個人という単位だけでなく、一つの会社としての単位で考えても、同様のことが言えます。

私たちが住んでいるこの現実においては、会社という単位は一つのもので成り立っていることはありません。
多くの人間や会社とかかわりあっていることによって、成り立っているといっても過言ではありません。すでに多くの人が、それを実感していると思いますが、私達はその分、さまざまなトラブルを経験する可能性もあります。そしてそのトラブルは、すべてが私たち自身が対応できるものではなく、私たち自身にも手に負えないようなトラブルである場合もあります。そういった場合に、どうすればよいのでしょうか。

そのひとつの選択肢として、『企業法務』を導入するという選択肢があります。企業法務とは、いわゆる企業に『法務部』を導入することであり、会社に発生しうる法的なトラブルに迅速に対応できるようにするものです。それによって、起こってしまったさまざまなトラブルに対応できるだけでなく、これから起こりうるトラブルに事前に対処して、対応を行うことが可能となります。