弁護士の仕事について

実際に、弁護士の仕事とはどういったものなのでしょうか。
弁護士は、単に六法全書を丸暗記しているような役割ではありません。法律を完全に記憶していたとしても、それを生かせないと意味がないからです。弁護士は、さまざまな事案に、どのように法律が適用できるか、という点を考えます。その点において、やはり弁護士は法律のプロである、と言えます。
そして私達は、個人という単位でも、会社という単位でも、この弁護士に頼ることができるということを心強く思います。

弁護士は、いつも法廷に立っているわけではなく、私たちのように一般市民の法的トラブルに、非常に多く対応しています。借金の問題や離婚の問題、相続の問題や冤罪の問題…これらさまざまな場合に対応するためには、やはり法律のプロでいなければなりません。
もし弁護士を目指そうとする方がいるなら、やはり茨の道になることは覚悟すべきでしょう。試験における倍率も、相当なものとなっています。

しかしやはり日本では、そういった役職が多く必要です。私たち市民にとっての、頼りがいのある存在として、弁護士は働いています。トラブルが多い世の中において、すぐに法的なトラブルに対応してくれる存在なのです。